バッテリー情報配信クラブ


よく使うコンビネーションプライヤーとはブログ:2017/12/27


僕は、糖尿病を持っています。
6ヶ月ぐらい前に主治医から食べる事療法を勧められ、
「24時間の食べる事を1600キロカロリーにしましょう」
と指導されました。

ところが、
僕の人生の大いなる楽しみの一つは、
おいしい食べる事をすることです。
加えて、お酒をこよなく愛しています。

なので、
多少は食べる事の摂り方には注意を払いながらも…
カロリー計算は一切せず、食べる事療法としては、
まぁ、野放しに近い状態で昨年は過ごしてきました。

ところが、そんな生活を送っていると、
定期的に測定する血糖の値は徐々に高くなっていき、
疲れが抜けなかったり、疲れやすい状態がどんどん酷くなってきたんですね。
何とも連日、体がだるい…

年末、ある人から本をもらったのですが、
その本は、糖尿病の闘病を素材にした小説でした。

プレゼントしてくれたのは、
いつも僕の体を心配してくれている仲間で、
「コントロールしているようで良い感じがしないかなぁ?」と言いつつも
その本をプレゼントしてくれたのでした。

その小説は明るいトーンで書かれていて、とても面白い小説でした。
主人公が糖尿病と診断されて、糖尿病の食べる事に慣れるための教育入院をし、
カロリー計算をしながら食べる事療養をしていくという内容でした。

主人公も美食家でお酒好きのところが僕にとてもよく似ていて、
まるで自分の事のように感じながら面白く読みました。

特に主人公がカロリー制限をもろともせず、
逆にそれを楽しみながら工夫して生活している様子は、
僕の心をくすぐりました。

これなら「食べる事制限」も「制限」ではなく、
「挑戦」として楽しめるのではないかなぁ…
そんな事を思いました。


川元誠一の案内
川元誠一
http://demo.jamas.or.jp/api/opensearch?q=%5B%90%EC%96%7B%90%BD%88%EA%5D/AU

小平つかさへ
小平つかさ
http://kokucheese.com/main/tag/%E5%B0%8F%E5%B9%B3%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%95/