ドライバータイプなどの形状をしたトルクレンチも発売されています

ドライバータイプなどの形状をしたトルクレンチも発売されています



ドライバータイプなどの形状をしたトルクレンチも発売されていますブログ:2019/02/28


こんばんわです^^

減量を実現するためには…
「摂取するカロリーを減らす」か「消費するカロリーを増やす」
いたってシンプルですね。

摂取するカロリーを減らすのなら、食べる量を減らすことです。
食べる量が少なくなれば、やせます。
一方、消費するカロリーを増やすのなら、トレーニングをすることです。
トレーニング量を増やすことで、カロリーの燃焼量も増え、やせることができます。

みなさんは、どちらの方法を選びますか?

ここに「人間のさが」とも言うべき本音が出てきます。
本来、人間は怠け者です。
楽をしたいと思う生き物です。

ですから、減量をするときにも楽をしたいと思い、
「食べる量を減らす減量」を
選択してしまいがちなのです。

もちろん食べ過ぎているのなら、
食事量を制限する必要はあります。
食べる量が適正でなければ、減量の成功は難しいですからね。

しかし減量を、
「食べない」という方法だけに頼っている人は要注意です。

やせようと思うなら、必ず「トレーニング」が必要です。
よく動くことで、筋力がアップします。
筋力と体力を増やすことにつながります。

これはどういうことかというと、
長丁場の勉強を乗り越えたり、大きな仕事を乗り越える
土台をつくるということです。

また筋肉量が増えれば、
エネルギーの燃焼を高めるための基礎代謝量を増やすことにもつながります。

すると、
活力あふれる肉体になるだけでなく、
太りにくい肉体にもなるのです。

急に激しいトレーニングをしたときは、
一時的に「筋肉痛」というデメリットがありますが、
それ以外にこれという大きな弊害は見当たりません。

食べない減量だけでやせようとしないことです。
必ずトレーニングを取り入れるようにしましょう。

おしまい!!!
ドライバータイプなどの形状をしたトルクレンチも発売されています

ドライバータイプなどの形状をしたトルクレンチも発売されています

★メニュー

ワイパーは使用回数も寿命に影響をしてきます
よく使うコンビネーションプライヤーとは
車の洗車とガソリンスタンドの洗車
しっかりしたアフターケアのあるコンプレッサーを購入することが一番重要
日本メーカーの工具の販売と通販、そして海外メーカー
バイク用バッテリー充電の注意点を簡単に説明
バイク用品のヘルメットというのはバイクに乗る上ではなくてはならない装備
滅多に車に乗らないユーザーの為のバッテリー長寿命化対策
ドライバータイプなどの形状をしたトルクレンチも発売されています
自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)バイク用品にこだわり続けて