自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法

自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法



自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法ブログ:2017/07/23


シェイプアップに成功して
目標の体重に到達すれば、嬉しい限りですが…

目標体重に到達したからといって、
元通りの食べる事に戻してしまえば、
おそらく確実に体重は増えてしまうでしょう。

逆に、今までのシェイプアップ生活を続けていけば、
自分の理想としている体型よりも細くなってしまいます。

なので、シェイプアップは
目標点に到達したあとが「厄介」なんですよね!

よく「リバウンド」という言葉を耳にします。

痩せたことに安心して、
元通りの食べる事に戻したら、
結果体重が増えてしまったというやつですね。

シェイプアップした直後というのは、
不安定な状態となっています。

ですから、ご飯を食べすぎると
すぐに体重にあらわれてしまいます。

リバウンド対策として、
わたしが実践しているのは
「こまめに体重計に乗る」ことです。

コンスタントに体重計に乗ることによって、
自分の体重の増減を理解することができます。

たとえ体重が増えたといっても
こまめにのっていれば、大した増量ではないはず。

ですからリカバーしようと思えば、
容易に取り返すことができる体重の増え方なんですよね。

だいたい、
リバウンドの恐怖というのは
1ヶ月程度続くのが一般的です。

1ヶ月を過ぎて、理想の体重をキープすることができれば、
おそらく元通りの食べる事に戻しても
問題はないでしょう。

というのも、
自分の体質が初期化を果たすからです。

そして情報の再入力を行い、
今の理想的な体重の状態を
「通常」という風に認識をするからです。

このようにシェイプアップというのは
ただ単に体重を減らすことだけが目的ではありません。

減らした体重の状態を、
いかに長いことキープし続けるかが、
シェイプアップのカギになってくるのです。

応援クリックしてね・・・プチ
自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法

自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法

★メニュー

ワイパーは使用回数も寿命に影響をしてきます
よく使うコンビネーションプライヤーとは
車の洗車とガソリンスタンドの洗車
しっかりしたアフターケアのあるコンプレッサーを購入することが一番重要
日本メーカーの工具の販売と通販、そして海外メーカー
バイク用バッテリー充電の注意点を簡単に説明
バイク用品のヘルメットというのはバイクに乗る上ではなくてはならない装備
滅多に車に乗らないユーザーの為のバッテリー長寿命化対策
ドライバータイプなどの形状をしたトルクレンチも発売されています
自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)バイク用品にこだわり続けて