自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法

自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法



自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法ブログ:2017/07/20


おはようございます

最近、減量をする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
減量の見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

ぼくの周りにも、
「炭水化物抜き減量」をしている友達がいますが…
ぼくは、炭水化物を全く抜く減量というのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物を食べる事から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食べる事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
11時間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な11時間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
肉体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

明日はいい日だ。がんばろ~^^
自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法

自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法

★メニュー

ワイパーは使用回数も寿命に影響をしてきます
よく使うコンビネーションプライヤーとは
車の洗車とガソリンスタンドの洗車
しっかりしたアフターケアのあるコンプレッサーを購入することが一番重要
日本メーカーの工具の販売と通販、そして海外メーカー
バイク用バッテリー充電の注意点を簡単に説明
バイク用品のヘルメットというのはバイクに乗る上ではなくてはならない装備
滅多に車に乗らないユーザーの為のバッテリー長寿命化対策
ドライバータイプなどの形状をしたトルクレンチも発売されています
自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)バイク用品にこだわり続けて