バイク用品のヘルメットというのはバイクに乗る上ではなくてはならない装備

バイク用品のヘルメットというのはバイクに乗る上ではなくてはならない装備



バイク用品のヘルメットというのはバイクに乗る上ではなくてはならない装備ブログ:2015/01/02


シェイプアップは、
体重が減ればいいというものではありませんが、
やっぱり気になりますよね。

体重は体全体の重さを表す数字なので、
正確に、やせたか太ったかの判断はできないですが、
目安として把握しておくことは大事!

「怖くて体重計に乗れない!」と思い始めたら…
すでに太っている証拠。

その後もずっと体重計に乗らなければ、
自分が太ってしまっていることを把握できないため、
脂肪の増加は、簡単には止められないのです。

そうならないためにも、
体重計には、定期的に乗ることが大事なんですね。

とはいえ、1日に何度も体重計に乗る必要はありません。

シェイプアップ中って、
1日に何度も体重に乗りたくなったりしませんか?

でも、それはダメ!
かえってストレスをためることもありますよ。

1日1回「同じ時間、同じ服装、同じ体重計」でチェックしましょう。
例えば…
「あさ起きてトイレに行った後」
「真夜中お風呂に入った後」
などがおすすめです。

シェイプアップにおける重要なチェックポイントは、
「体脂肪率」です。

皆さんも知ってると思いますが、
「肥満=体重全体の重さのうち、脂肪の重さの割合が多い状態」なので、
太っているかやせているかを正確に判断するためには、
「体脂肪率」を計ることが重要なのです。

ちなみに、女性の場合、20~25%の体脂肪率であれば、適正な範囲です。
これよりも多ければ、やはりシェイプアップが必要でしょう。

ただし、体脂肪率は体重とは違って、
日々測っても、あまり意味がありません。
1週間に1回、または二週間に1回くらいのペースで、
増えているか、減っているかをチェックするのがいいようです。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます~
バイク用品のヘルメットというのはバイクに乗る上ではなくてはならない装備

バイク用品のヘルメットというのはバイクに乗る上ではなくてはならない装備

★メニュー

ワイパーは使用回数も寿命に影響をしてきます
よく使うコンビネーションプライヤーとは
車の洗車とガソリンスタンドの洗車
しっかりしたアフターケアのあるコンプレッサーを購入することが一番重要
日本メーカーの工具の販売と通販、そして海外メーカー
バイク用バッテリー充電の注意点を簡単に説明
バイク用品のヘルメットというのはバイクに乗る上ではなくてはならない装備
滅多に車に乗らないユーザーの為のバッテリー長寿命化対策
ドライバータイプなどの形状をしたトルクレンチも発売されています
自宅でパンク修理をする時も基本的にはガソリンスタンドなどでする方法


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)バイク用品にこだわり続けて