バッテリー情報配信クラブ

"消費電力を抑える方法ですと時計やフルコンピューター制御式のエンジンCPUの学習値がそのたびにリセットされますが滅多に乗らないのであればこのくらいの対策はしておいた方がバッテリーにはいいかと思います。

 

滅多に車に乗らないユーザーの為のバッテリー長寿命化対策として挙げられるのがバッテリーのマイナスターミナルの切り離しです。

 

しかしバッテリーは何にも接続されていなくても自己放電によって電気を消耗しますがターミナルを切り離すことによってバックアップ電源の為の消費電力を削減することが可能です。"

ソファベッドはここ
ソファベッドはここへ
http://innersofa.com/list/10022.html



滅多に車に乗らないユーザーの為のバッテリー長寿命化対策ブログ:2019/04/22

ダイエットでリバウンドしないためには、
リバウンドの原因を理解しておきましょう。

ダイエットのリバウンドとは、
せっかく減った体重が戻ってしまったり、
さらにダイエット前よりも体重が増えてしまう状態です。

せっかく痩せてきれいになろう…と始めた
ダイエットなのに、逆効果になってしまっては大変!!

そんなダイエットの敵である
リバウンドを引き起こさない為に
きちんとしたダイエット計画を立てていきましょう。

ダイエットで
リバウンドが発生する大きな原因の一つとして
基礎代謝力の低下があります。

基礎代謝というのは、
ぼくたちが生きていくために最低限必要なエネルギーです。
常に使われているエネルギーなので、
寝ているときでも消費されているのが基礎代謝です。

人間の身体には、
環境の変化に適応する能力が備わっています。

なので、
食事制限によって摂取カロリーを減らしたり、
体重が急激に減少することによって、
そういった環境に身体を対応させるために
エネルギー消費量を減らしたり、
筋肉量や骨量を変化させたり…と
身体のほうが変化していきます。

このような状態になると
停滞期といって、ダイエットを続けても
体重が減らない状態になってしまいます。

そうなると
ついダイエットを断念してしまうという人も
少なくありません。

エネルギー消費量が以前より減少している状態のときに
ダイエットをやめて、
以前と同じ摂取カロリーに戻してしまうと
当然のことながら身体に脂肪が蓄積されてしまいます。

ですから、
ダイエットでリバウンドしないためにも、
停滞期を乗り切ることが大切なんです!